みなさんこんにちは

志水です(@echohuku)

 

今回は

amazon audible(アマゾンオーディブル)についてご紹介します.


このamazon audibleの特徴は
本を聴くことができるんです

「説明は別に良いからとりあえずどんなものか知りたい」という方はこちら↓

(クリックで無料体験)

 

で、たぶんこれを知らない人はこう思うと思います

 

男性
男性

amazon audibleってなんだ❓

 

志水
志水

簡単に説明すると、『聴く本』ということです。

amazonoの公式サイトの説明を引用するとこうです↓

 

アプリで本の朗読を持ち歩こう。プロの朗読で、本はもっと楽しく感動的に。
人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス、自己啓発、小説、落語、洋書など20以上の豊富なジャンル。Audibleでしか聴くことのできないスペシャルコンテンツも。
38か国語の海外コンテンツと国内コンテンツを合わせ、40万タイトル以上が楽しめる。
お好きな1冊から気軽に、会員プランなら特典も。まずは無料体験から。

amazonより引用



なんども言いますが、「耳で聴く」ということですね.


そして,
プロが読んでいる(朗読している)ため
聴きやすいんですよね.というか心地良い感じすらします.

 

で,どういった本があるかというと…

 

 

こちらで紹介したものは当然一部のです。(40万タイトル以上あるわけですからね)


で、
みなさんに一番注目していただきたいたいのは

これらの本を今なら"無料"で聴けます。


普通に買ったら1500円前後する本が登録するだけで無料だなんて…

便利な時代ですね。



ってなんか褒めちぎっているので、この本のデメリット部分は後半でお話しします。

ちなみに…

志水
志水

僕のオススメは革命のファンファーレです.
キングコングの西野さんの"思考"を知れたのはなかなか衝撃的でした.

とまぁ僕の感想は置いておいて…



タイトルにある「セラピストに必要」というところの僕なりの結論を先にお話しして、デメリットというか…向いていない人(場合)についてもご紹介したいと思います.

最初にセラピストに必要な理由2つあります。

ひとつは《スキマ時間の有効活用化

もうひとつは,《自己研鑽》です.

 

◎最初の一ヶ月は無料◎

🔻退会方法も簡単🔻

スキマ時間の有効活用

例えば…

「こんなとき」って時間を持て余していませんか?

🔻電車の中
🔻車の運転中
🔻ウォーキング中
🔻料理中
🔻食事中
🔻食器などの洗い物中
🔻歯磨き
🔻洗濯物を干す時
🔻入浴中
などなど…

 

こういったスキマ時間を《なんとなく》使っていませんか?

 

■運転中にラジオを聴く
■テレビを観ながら食事
■スマホをイジりながら入浴
■YouTubeを観ながら洗濯ものを干す
■Amazon primeを観ながら食器を洗う…←(これは奥さんの例.w)

 

これらの状況を経験したことがある、もしくわ実践中だという方は

このamazon audibleの適応(使ったほうが良い)だと思います。

 

 

あっ、ココはセラピストにとって
というより社会人や主婦(主夫)の方たち全般に言える
ことかもしれませんね.

 

で、ちょっと言い方が悪いかもしれませんが…

『これらの時間って本当に必要でしょうか?』

価値のある時間でしょうか?』

と、まぁこんな言い方をすると…

男性
男性

いや、自分がリラックスする時間だし

 

男性
男性

仕事(家事)もやってるのに
そんなに必死にやりたくない

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

まぁ奥さんにはそのような言い方をされて
叱らた経験がありますが…

 

でも、この時間を
本を聴く」時間にするだけでも自分にとっては
とても有意義な時間になると思いませんか?

 

特に

🔻本を読もうと思ってたけど読む時間が無い…

こんな方にはとても有効だと思います。

 

というのも先ほど
いくつか「スキマ時間」を挙げましたが
その時間を使えば良いのです!

どうですか?

できない理由は特にないですよね?

 

ちなみに、読むスピードが
1倍(通常)・1.5倍・2倍・・・3倍まで早くすることができ

そして読み終えるまでの時間も表記できるので
計画的に読んでいくことも可能なので、限られた時間でも
「ココまで読もう」という感じで使えます

 

◎最初の一ヶ月は"無料"◎

 

🔻退会方法も簡単🔻

自己研鑽

ココからがセラピストの方たちにお伝えしたいところです.

みなさんはきっと"セラピスト"として
医療の知識や技術に関する研鑽を行っている方は多いかと思います。

 

しかし、それ以外の研鑽として…

・社会学
・経営学
・心理学
・マネージメント
・マーケティング
・ライティング
・コピーライティング
・プログラミング
など

これらを学び・実践している人は少ないと思います。


これらは一見
僕たちセラピストに関係のないことに思えるかも知れないです

男性
男性

こんなもん学んでどうすんだよ

こう思う人もいるかもしれません。

しかし、僕は声を大にして言えます。


これらの知識・スキルは「荷物」にはなりません。

 

そして、これらの領域について学ぶことは
これからの社会・世界を生きていくのに必要となってくると
個人的には思っています。
(ココについて言いたいことはたくさんありますが,それはまた別記事で書きたいと思います。)

 

例えばですが
みなさんが読んでいるこの記事(ブログ)

ライティング心理学

の要素が必要になります。

 

というのも、記事を書くことって意外と難しいんですよね.
僕はそもそも書くの苦手ですし.

 

まぁホントに書くだけであればどんな形でもいいと思いますけど
それなりに読んでもらうにはライティングスキルが必要となります。

 

で、さらには読み手が「読みたい」と思うには心理学の要素が
必要となりますよね.

 

例えばこんなのはネット上や電車の中吊り、書籍の帯(おび)で
見たことありますよね?

■《絶対に治せる◯◯術》
■《セラピスが知っておくべき◯◯のポイント4つ》

という感じの、キャッチコピーを、
そして興味をそそられると
インターネットページをクリックしたり、Googleで検索したり
本であれば買いたくなりますよね?

 

これが心理学のスキルであったり
コピーライティングスキルになります。

 

ってなると今度は…

 

男性
男性

いや、ブログとか文章とか書く機会無いし…

ってなる人もいるかと思います。

まぁそう言いたい気持ちはわかりますよ…

 

じゃあ百歩譲って、ライティングやコピーライティングのスキルは無くても良いですが
「心理学」の知識は持っておいた方がいいですよ

 

患者さんやクライアントさんにこの知識はしっかりと活用できますから。

 

と、amazon audibleからかなり離れてしましたので、
この心理学の要素に関してはまた後日記事にします。

 

ただ、そんな心理学を学ぶにはこちらの
メンタリストDAIGOさんの著書である
《人を操る禁断の文章術》がおすすめです

人が興味を持つ文章の書き方"以外"にも


「こう話したら人はこう動いてくれる」

 

といったことを具体例を挙げて説明しています。

 

amazon audibleのデメリット・オススメしない人

「聴く本」にもよると思いますが、

🔻他のことを考えながら聴く人
🔻継続して使う場合は1500円以上するので
これを高いと思う人
🔻本は"紙が良い"と思う人

 

「他のことを考えながら聴く人」

こういった人はたぶん合わないと思います。

僕なんかは結構、資料の作成中に聴きたいな〜って思ってましたが
実際に今回のこの記事を書いている最中なんかはやっぱり難しいですよね.

 

「重要な部分はメモしたい。」

とか思ってたりすると作業が進まないので
たぶん煩わしく感じると思います。

"継続するなら"月額1500円は高い


月額1500円で本が一冊なのでコスパは良くないと感じる人は
多いかと思います。

コレに関しては高い本だと5000円以上するaudio bookがあるので
反対に得する場合もあるかもしれませんが、

『高いものを聴く』ということが目的になってしまうとあまり
有益じゃないかもしれませんね.

 

本は"紙が良い"

『本は紙が良い』というこだわりがある人は
ムリですね。

気持ちはわかります。
僕もホントは紙が良いです。

栞(しおり)を挟んで、カフェとかでゆったり読みたいです。

ただ、ペーパーレスが叫ばれているこの世の中で
そこまで紙にこだわるのはいかがでしょうか?

なんて、「本は紙」絶対主義者にゴリ押ししても仕方がないですから…
こういった精神の人は向いていないと思います。

 

ただ、
無料で新しい書籍・気になっていた書籍が

聴ける・内容が知れる

といったことはやはり大きなメリットだと思います。

 

 

改めて最後に…
本を聴いてみてはいかがでしょうか?

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事