志水
みなさんこんにちは! 志水です. 肩関節やエコーについてSNS上でいろいろと発信していますので 興味があればご覧ください. 🔻twitter:@echohuku. 🔻Instagram:@shimizu_log. 🔻YouTube:Shimizu_Log
 
志水
志水
今回の記事は肩関節周囲炎の”リスクファクター(危険因子)”についてです。 簡単にいうと… 「◯◯の人は肩関節周囲炎になりやすい」の、◯◯の部分を解説していきます
みなさん 臨床でこんなことをよく聞かれませんか?
おばさん
おばさん
わたしって,運動不足だったから 五十肩になったのかしら?
といった疑問に答える一つのヒントになると思います。 今回もこちらの記事を参考にしています。 興味があれば読んでみてください。 ちなみに 定義についてはこちらの記事↓ 疫学についてはこちらの記事↓ まだ読んでいなければ目を通しておくと、新しい知識が得られるかも知れません。 では、ここから本題の リスクファクターについて解説していきます。 ちなみにリスクファクターとは…
リスク因子(りすくいんし) risk factor / 危険因子とも呼ばれる。 ある病気を引き起こす、あるいはある病気に付加的に働く因子のこと。 多くの疾患、特に生活習慣病は一般に単一の原因では起こりません。
(家族性を除く)高血圧・糖尿病・脂質異常症・認知症いずれもが、体質にさまざまな因子が複合して発症すると考えられています。その個々の因子をリスク因子と呼んでいます。
例えば脳梗塞のリスク因子は、年齢・男性・高血圧・喫煙・飲酒などです。 出典:厚生労働省HPより https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/alcohol/ya-030.html
ということです。 わかりづらいですよね^^; まぁ、簡単にいうと 「喫煙をしていると、肺がんになりやすい。」 という感じです。 ただ、 あくまでも"因子"なので、絶対ではないということを理解しておく必要がありますからね。 では、本題に入っていきますが 肩関節周囲炎のリスクファクターとして挙げられるのは次の4つです
肩関節周囲炎のリスクファクター
①糖尿病 ②甲状腺疾患 ③代謝系疾患 ④デスクワーク

糖尿病

糖尿病(diabetes mellitus:DM)です。 (臨床ではよくDMと呼ばれます) どの疾患でも良いことがない印象のある「DM」 やはり周囲炎でもリスクファクターとなります   糖尿病と肩関節周囲炎についての報告に以下のようなものがあります  
Milgromら2)凍結肩患者126名中を対象に糖尿病の合併率を調査したところ,37名(29.4%)が糖尿病を罹患していた. また、男女を比べると… 男性のほうが糖尿病罹患率が高かったと報告
性別/平均年齢 糖尿病罹患者数(%)
凍結肩(126名) 男性/54.7±8,7歳 19/50(38.0%)
女性/55.0±8.4歳 18/76(23.7%)
J F Bridgman3)セントジェームス病院を通院している患者1600名を対象に,糖尿病患者800名,非糖尿病群600名の2群に分け、肩関節周囲炎を合併しているを調査した.その結果 糖尿病群は86名(10.8%),非糖尿病群は14名(2.3%)肩関節周囲炎を罹患しており、両群間において統計学的に有意な差を認めた(0.05<p値)
糖尿病⇨肩関節周囲炎 肩関節周囲炎⇨糖尿病となるわけではありませんが 肩関節周囲炎を罹患している人の3~4人に一人はDMかもしれませんね。

甲状腺疾患

Milgromら2)凍結肩患者126名(男性50名,女性76名)を対象に甲状腺疾患の合併率を調査したところ,女性が有意(16/76(21.1%))に甲状腺疾患を合併していた.
  参考記事 1)村木孝行:肩関節周囲炎 理学療法診療ガイドライン.理学療法学 第43巻第1号67~72頁.2016 2)Milgrom, C., Novack, V., Weil, Y., Jaber, S., Radeva-Petrova, D. R., & Finestone, A. Risk factors for idiopathic frozen shoulder. Israel Medical Association Journal, 10(5), 361–364.2008 3)Bridgman, J. F. Periarthritis of the shoulder and diabetes mellitus. Annals of the Rheumatic Diseases, 31(1), 69–71. 1972

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事