出版物の総額表示義務化

 

って知ってますか?

 

「いきなりなんだ?」

って思われて方が多いと思うのですが

なぜこんな事を言いだしたかというと

本日のキンコン西野さんのVoicyで
この話がテーマになっていたからです

 

志水
みなさんこんにちは。志水です。
この #10minutes_Writingでは
ラィティングスキルを向上するために
"10分間"で「どこまで書けるか」
"毎日"挑戦しています!
本日のテーマは
「どう利用するか?」
ですが、
要は
この出版物の総額表示義務化
と言ったものに対して
自分だったらどう対応するか?
ということについて書こうと思ったんです。

出版物の総額表示義務化ってなに

そもそもここですよね

当然ボクは今朝まで知らなかったわけですが
簡単に言うと

本の背表紙に金額が書いてありますよね?

【◯◯◯◯円+税】

って、

 

これを
【◯◯◯◯円】←消費税込み

 

で書かないといけないことになるそうです
2011年3月から

 

なんで?って思いますよね

 

なぜそんなことをやるの?

本日の西野さんのお話だと

「消費者にとってわかりやすい表記にするため」

だそうです。

しかもこれは数年に施工するはずだったのを
引き伸ばして2011年3月からになったようです。

 

で、最近?
出版業界の人たちがこの施策に猛反対する感じが
Twitterのトレンドにもあがっていたそうです

さっきの今なのであんまりわかってないですが
興味のある方は御覧ください。

 

デメリットは?

ここのカバーを変えないと書店に本が置けなくなるようなので
・現在のものを全部回収して作り直さなきゃいけない
・増税ごとに書籍を回収・作り直す必要がある

 

だそうです。

すごくコストがかかりますよね…

キンコン西野さんはどう提案した?

ここで西野さんはこの施策に対して強い否定はしませんが
このように代替案を提案していました

「どうせ消費税が上がった際にカバーを変えないといけないなら
毎回カバーを新しいデザインに変えることをして、増税前の
購買意欲を高める」

 

といった感じでした。
ちょっと文脈ちがうと思いますので
ごめんなさい。^^;

 

志水はどうする?

正直、
何も考えずにこれを書き出したので
あまり妙案が思い浮かびませんが…

 

パッと出てきたのは

「電子書籍へ完全移行」

です。

そうすれば
コストはメチャクチャ抑えられますよね?←単純

 

あと、本は紙!!
ていう人がいるのはわかりますので
出版業界も電子書籍リーダー?ですか?

Kindle paperwhiteでしたっけ?
あーゆうやつを作ったらどうですかね?

-1023文字-

 

ちなみに
ボクはこのkindle paperwhiteは持っていないですが
結構評判が良いみたいなので買おうかと思ってます

 

あっ。

実際に使っている人がいたら
コメントくださいw

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事